ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

両投げピッチャー赤塚瑞樹投手について、両投げをかつて志した僕が語る

スポンサーリンク

どうもpillolowです。

 

 パット・ベンディットだけじゃなかった!

両投げ投手赤塚瑞樹投手が激熱です。

 

僕も両投げを目指していました。

前十字靭帯を断裂してスポーツから離れてからは、

会社のトイレの鏡で左投げのシャドウピッチングをやって、同僚に凄く怪しまれる程度に両投げを嗜んでいます 笑

 

以下、色々記事を書いております。

handicap-is-3.hatenablog.com

handicap-is-3.hatenablog.com

 

さて、赤塚投手ですが、現在立教大学野球部に所属。

NPBで両投げ投手が見られるかも!と期待大です。

 

彼のコメントで「なるほどなぁ」と感心したのは、

 

・対右でも左でクロスファイアを投げることがある

・ランナーが出ると、盗塁対策として左で投げる

 

など、状況に応じて左右を選択している点です。

左右に拘らず、手持ちの武器から最良の選択をする。

手段と目的を明確にしているな、と。

 

目的は「アウトを取ること」で「両投げ」はただの手段です。

 

ここをはき違えて、安易に両投げに取り組まない方が良いです。

 

ちなみに僕の目的は、

 

・左右のバランスを整える

・利き腕の概念をなくし、状況に応じて左右使い分けることによる効率化

 

です。将来右半身不随になっても、何とかなるし 笑。

 

左右の転向と言えば、メジャーが有名ですが、

イブニングで始まったばかりの「フジマルッ!」でも

主人公の女の子が左投げに転向します。

(下の表紙を見ても、右手にグラブを付けていますね)

 

 話は逸れましたが、赤塚投手2刀流頑張れ!!!