ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

「その可能性はすでに考えた」を読んでいたら、3×3 EYESを読み返したくなった件

スポンサーリンク

どうもpillolowです。

小説の中では割りとミステリーが好きです。

 

遅ればせながら「その可能性はすでに考えた」を読み、

その発想は全然なかった・・・!と感心しているところです。

 

あらゆる可能性を排除することで、奇蹟の証明を試みる。

そんな探偵である上苙丞(うえおろ じょう)が主人公。

 

謎を解く側ではなく、奇蹟を認めない(笑)刺客たちの仮説を、

論理的に否定していく主人公。

 

斬新です。

 

彼を含め、名前やキャラ設定(特に外観)のラノベ臭が凄い。

青髪にオッドアイ、真紅の服・・・

 

中二病か。

 

だがそれがいい

 

小林泰三もそうですが、

「キャラ立ちした主人公×ミステリ」って、相性良いですよね。

 

本作は、それプラス。

3×3 EYES(サザンアイズ)を想起させる中国文化のオンパレード。

なんか、よく分からないなりにワクワクするんですよね。

 

と思っていたら、文中に三只眼ってワードも出てきて。

作者もどこかで影響を受けているのかな・・・?

 

ともあれ、この作者は僕の要注意リストに入りました。

これからも色々読んでみようと思います。