ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

少年ジャンプ新連載「チェンソーマン」1話にして完成度高すぎ。ワロタ

スポンサーリンク

どうもpillolowです。

 

久々に少年ジャンプの新連載を読んでみました。

 

それが、今週号から始まった「チェンソーマン

 

www.oricon.co.jp

 

ダークな雰囲気がジャンプには似つかわしくない?ような気もしますが、「努力」「友情」「勝利」というのは、もう昔の話なんですね。きっと。

 

あらすじは、大体こんな感じ。

 

・主人子デンジは、子供の頃にポチタという犬の悪魔(チェーンソーと合体している)と契約をし、デビルハンターとして働いている

・しかし父親の借金を背負っているため、やくざ(マフィア?)に良いように使われている

・ゾンビの悪魔に心を乗っ取られた人間たちに襲われ、殺される

・ポチタと合体(半分悪魔、半分人間)して、生き返りゾンビたちを倒す

・公安のデビルハンターたちが現場に到着。主人公は、リーダー格の女性の元でデビルハンターとして雇われることになる

 

この作者上手いなぁ…と感心したのは、主人公とポチタの間の心理描写(これは「友情」なのかもしれない)が丁寧に描かれていること。

 

ポチタが自分の心臓を捧げて主人公と合体するのに、納得できるだけの描写がそれまでにあるので、凄く自然に読めます。

 

あとは、タイトルにも書いた通り、「回収」という点。

 

主人公は「食パンにジャムを塗って食べたい」「女を抱きたい」という普通の生活の夢を常々語っているんですが、それが最後キレイに回収されるんですよ。

 

ここは、是非本編を読んで欲しいですね♬

 

この1話だけでも読み切りとして成立してしまうくらいの完成度でした。

この完成度をキープしつつ、大きな流れのストーリーも展開させることが出来たら、超名作になること間違いなし!

 

今後に期待です。