ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

ビッグコミック新連載『しょうもない僕らの恋愛論』~久々の本気恋愛漫画か!?~

スポンサーリンク

はじめに

 

どうもpillolowです。

 

ビッグコミック原秀則先生の新連載がスタートです。

 

『しょうもない僕らの恋愛論

 

f:id:pillolow:20190112150555j:plain

 

原秀則と言えば、最近(でもないか)レガッタほしのふるまちといった作品がドラマ化・映画化されたことでも有名ですね。

 

90年代には、「部屋においでよ」「冬物語」も同様にメディミックスされています。

 

で、今回の新連載。

 

タイトルからも分かるのですが、久々の「ちょっと情けない男」が主人公の恋愛漫画臭がプンプンしていて、期待大なのです!

 

原秀則の作品パターン

 

原秀則と言えば、大枠で言うと「青春系」を得意とする漫画家ですね。

ただ、青春系の中にも2パターンあって、

 

① スポーツ青春系(主に野球)

恋愛漫画

 

に分類されます。

 

僕の中では、原秀則の「やったろうじゃん」は、あだち充作品(タッチ、H2など)やMAJORにも比類する超名作野球漫画です。

 

原秀則恋愛漫画イメージしかない人は、まずこれを読んで欲しい。

 

今回の新連載では紹介の煽りはこっちです。

 

冬物語」や「部屋においでよ」で知られる恋愛漫画の名手

 

そう。原秀則は「駄目男が揺れる恋愛漫画」を描かせたら右に出るものはいない!

揺れる乙女心を描く少女漫画家みたいなものだ。

 

その筋で有名なのが、上に書いた「冬物語」「部屋においでよ」である。

 

 

で、ターゲットは誰なんだ?

 

これは、言わずもがな。

状況証拠が揃いすぎている。

 

・雑誌がビッグコミック。そしてタイトル。

・主人公の設定(不惑の独身男)

・ストーリー(死んだ思い出の女性の娘が現れて…?)

・そして、煽り。90年代の名作を引き合いに出す

 

それ。ターゲットは40代のおっさんだ!

ちょうど、90年代に大学生だった人たち。

 

過去の回想シーンも沢山出てきて、90年代にタイムスリップ。

 

とは言え、20代~30代でも楽しめる内容なのは間違いない。

 

おわりに

 

恋愛漫画の名手が久々に、そう久々に、恋愛漫画で勝負に来る。

これを期待せずに、何を期待して生きればいいのか!?

 

ということで、ビッグコミックは隔週連載なのが痛い所ですが、月に2回楽しみにしたいと思います。

 

ちなみに、ビッグコミックの作品では、正直不動産ブルージャイアンがおすすめです。こちらも是非読んでみて下さい。