ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

小説のような小説家の物語~スピリッツ新連載『サターンリターン』~

スポンサーリンク

はじめに

 

どうもpillolowです。

 

スピリッツで始まった、鳥飼茜先生の新連載。

 

『サターンリターン』

 

bigcomicbros.net

 

本エントリーのタイトルにもありますが、こういう「小説」のような漫画は、なかなか少年誌ではお目にかかれない。

 

映画化・ドラマ化、既にハマりそうな雰囲気満点です

 

1話なので物語の全体像はまだ見えてきません。

 

でも断言します。

 

これは名作だ!

 

いくつか素晴らしいと思った点を中心に、感想を書いていきますね。

 

美しいカラーページからの暗転、が最高

 

冒頭、過去の回想シーン。主人公は「中島」という男の運転する車の助手席。

中島は「30歳になる前に俺は死ぬから、生きた証として美しい話を書いてくれ」

と主人公に言います。

 

ハッとする主人公。車窓から街を見下ろす。

1ページぶち抜きで、「平凡だけれども美しい街並み」が描かれます。

 

その次のシーン(現在)では、中島が部屋で首を吊り、自殺。

 

そして真っ黒な見開きで、暗転。

 

流れが・・・美しい。

これだけで、名作だと分かります。

 

 

 

 タイトルが面白い

 

『サターンリターン』

 

土星の再来?

 

セガサターン、しろ。せがた三四郎

 

が、モヤモヤっと頭に浮かびます…。必死で振り払おう。

 

どうやら、29歳前後にやってくる占星術上の「試練の年」を表す言葉のようです(詳しくは、ググるか以下のサイトを参照ください)。

 

29歳前後の頃に訪れる「サターンリターン」を知り本当の意味での大人になる方法 | スピリチュアル How to …

 

この時期を、主人公はどう乗り越えていくのか。

という物語なんでしょうね。

 

カラーページにおいて、縦書き2行でタイトルが書かれていますが、

「サターン」と「リターン」が少し重なっているんですよ。

 

この辺にも意味があるのかな?と深読みしてしまう僕。

 

「触れ合うも、重なることはなかった」主人公と中島の関係を暗喩しているのかもしれません。

 

私の人生こんなだっけ?感が共感

 

5年前に文芸賞を受賞した主人公。今はほぼ専業主婦になってます。

 

かつて自殺しようとした主人公を止めた夫。

彼との結婚生活は、平凡そのものだけど、それが幸せのような気もする。

 

でも夫は子を授からないことに、焦っているようだし、主人公の目を盗み缶ビールをあおっている。主人公も気付くけれど、指摘したり喧嘩をするほどでもない。

 

小説は、5年前から書けない。

 

平凡な人生に、疑問を感じてしまうこの感じ

めっちゃ…共感できる。

 

おわりに

 

そして、夜更け。

中島の死を知らせる電話が、主人公のもとに。

 

「…本当に死んじゃった」

 

主人公は、小説を書き始めるのか?

物語はどこへ向かうのか。

 

今後が気になって仕方ないです。