ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

バースデー・ワンダーランド、主人公空気でドラクエな件(音楽も良い)

スポンサーリンク

たった5人のレイトショー

 

どうもpillolowです。

 先日↓の記事を読んだのちにyoutubeのPVを見て、「私気になります!」状態になってしまいまして。レイトーショーで見てきた次第です。

 

www.cinema2d.net

 

レイトショーって時間帯もあるとは思う。

しかしである。観客5人とは、いくらなんでも少なすぎではないか(笑)

 

君の名は。で大ヒットを飛ばした新海誠の「星を追う子ども」は劇場で寝たけど、この「バースデー・ワンダーランド」は寝なかった。大作とは言えないし、主人公の心境の変化がうまく描かれておらず、クライマックスで感情移入しづらい、などの批評も的を射ていると思う。

 

この映画を見て、僕が思ったことが3つある。

 

ドラクエのような「余白」を楽しめなくなった僕たち

② チィ姉ちゃん最高(杏ちゃん、最高かよ)

③ 音楽をきちんと場面に合わせて作り込んでいる。曲調も豊富。

 

ドラクエのような「余白」を楽しめなくなった僕たち

 

こういった作品が楽しめないのは、「説明過多でCGゴリゴリのRPGに慣れてしまった」ことが原因のひとつなんじゃないかな。

 

この映画は極めて昔のRPGを想起させるものがあった、と個人的には思う。緑の街があり、砂漠があり、雪の平原があり、水の都があり…そういった所を冒険していく。何かイベントが街で起こり、それを解決するために次の街へ向かう。

 

ドラクエなんて主人公はしゃべらないし、過剰な説明もないしで、想像するしかない。想像するのが楽しいとすら言える。手さぐりで進むのが良いのだともいえる。今は攻略サイトで最初から最短で進もうとしてしまう。

 

「テレビゲームと2時間の商業映画は違うよ」

 

という声も聞こえてきそうだが。

 

チィ姉ちゃん最高(杏ちゃん、最高かよ)

 

松岡茉優の大人びたハスキーな声が、主人公に合っていない。それはあるかもしれん。

 

しかし、杏ちゃんの声は完璧だ。理想のお姉さん像をキャラクター・声ともに表現している。それだけでもうこのアニメはいいんだ!とすら言える。

 

ノーアルコール・ノーライフ

 

最高かよ…。

 

この辺は是非劇場で確かめて欲しい。

 

音楽をきちんと場面に合わせて作り込んでいる。曲調も豊富。

 

一応本ブログは、音楽ブログのつもりなので、最後に持ってきた。

 

シタール(多分)を使った中東風の曲から、大自然を思わせるアコギインスト風の曲、ハードロック調の曲まで、多種多様な曲が適切に配置されていた。

 

特にいい演出だな、と思ったのは、チィ姉さんがヨガをやってるシーンの曲。

めっちゃ爽やかなコード進行とメロだったのが、主人公のアカネが窓の外を見る時に不穏なコードになって、「なんだ、ただヨガやってるだけじゃん」と安心した後に、元の進行に戻るところ。

 

こういうことが場面に合わせて出来る作曲家は、素晴らしい。

 

調べてみると、富貴晴美さんという人のようです。

 

富貴晴美 - Wikipedia

 

知らんかったけど、マジでガチの人や・・・。

 

音楽のスキルはさることながら、無類の映画好きっていうのが、確かになっていう感じ。映画音楽とはどうあるべきかというのが、自分の中にある人なんだな。

 

映像作品で音楽が占める割合って、僕にとってはぶっちゃけ半分くらいある(笑)

作曲家から見る映画決めるってのもよいかもしれないですね。

 

あ、あと。歌もよいですね。

milet(ミレイ)ちゃん要チェック。これも間違いない。

 

ケルト調の挿入歌が素晴らしい。

ED曲はJASON MRAZみたいだったな。Ⅰ Ⅵm Ⅳ Ⅴ進行を若干変化させながら引っ張る的な。曲作りの参考にはなった。

 

youtu.be

 

というところで。

気になった方は、映画館へGO!!

 

以上pillolowでした。